敬老の日はいつ?由来・来意味は?何をすればいいのか簡単に解説

家族

敬老の日について知りたい方へ

本記事では以下のような、

●敬老の日の由来・意味ってそもそも何?

●敬老の日はいつ?

●敬老の日に何をすればいいの?

という疑問についてお答えします。

敬老の日について知りたい人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

敬老の日の由来

敬老の日の由来はいくつかあるようですが、最も一般的なのが、1947年(昭和22年)の出来事になります。

1947年当時、兵庫県多可郡野間谷村(現:多可町)町で「とおしよりの日」という敬老行事が始まりました。

『老人を大切にし、お年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう』というのが趣旨の行事です。

この行事が次第に全国へと広がり、1951年に中央社会福祉審議会が9月15日を「としよりの日」と制定しました。

その後1964年に「老人の日」と改称され、よく1965年に「敬老の日」として国民の祝日となったと言われています。

敬老の意味

敬老の日の意味は、内閣府のHPでは以下のように説明されています。

多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。

https://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html

人生の先輩のお年寄りを敬い、元気に長生きしてもらおうと!というのが「敬老の日」の意味と言えるでしょう。

敬老の日はいつ?

元々は、9月15日が「敬老の日」とされていましたが、国民の祝日についての法律(祝日法)などの影響により現在では、9月の第3月曜日となっています。

なぜ9月なのか?という理由は、気候が安定している時期で、農業が暇になる(農閑期)のため9月に設定されていたようです。

ちなみに2021年の「敬老の日」は9月20日です。

敬老の日は何をすればいい?

具体的に何かしなければいけないとい決まりはありませんが、家族で集まり、日頃の感謝を伝えて長寿を願い、プレゼントや食事をするのが一般的です。

このご時世なので、一緒に食事が難しい場合は、プレゼントなどを渡すのがいいでしょう。

どういったモノがいいか具体的に知りたい方は、別記事にまとめてあるので、そちらを参考にしてみてください。

以上が簡単に「敬老の日」の由来などについての解説です。

毎年「敬老の日」に何もしていない方は、今年は何かしてあげてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました