バレンタインデーの由来とチョコを贈る理由・チョコの種類まとめ

バレンタイン
スポンサーリンク

バレンタインデーの由来

一般的に言われているバレンタインの由来は古く、古代ローマ時代までさかのぼります。

ローマ時代の皇帝は兵士の結婚を禁じていました。

理由は、

「結婚をして家族ができると生きて帰りたいと思い、士気が下がるから」

だそうです。

そんな中、兵士たちを結婚させてくれるバレンタイン司祭なる人が現れます。

しかし、皇帝に逆らった行為に近いバレンタインは捕まり、処刑されてしまいます。

その処刑された日が2月14日(西暦269)です。

今でいう、バレンタインに当たるわけです。

バレンタインの死後200年後にバレンタインは守護聖人とされています。

聖(セント)バレンタイン」とも言われる関係は、その辺が関係しているのでしょう。

バレンタインにチョコを贈るようになった理由

こちらも諸説あるようですが、イギリスのチョコレート会社が贈答用のチョコや、ハート型のキャンディーを発売したのが始まりと言われています。

日本での発祥は、チョコレート業界やデパート業界が広告を出したのが、始まりとも言われています。

日本はバレンタインに「チョコ」を贈るのが一般的ですが、海外では、カードや花束、お菓子を大切な人や友達に贈るのが普通です。

実は、日本のようにチョコレートがあまりメインではありません。

今となっては日本のバレンタインはチョコレートだけでなく、財布やアクセサリーなどをあげたりする方も増えてきているので、海外寄りの考えになってきたのかもしれません。

なので、バレンタインにチョコでだけでなく、あくまで想いを伝えるいいキッカケこそが、バレンタインとも言えるでしょう。

バレンタインチョコの種類

OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像

昔はバレンタインデーのチョコレートといったら、本命義理の二択でした。

今では色々あるようで、「逆チョコ」「友チョコ」「ファミチョコ」「世話チョコ」「自分チョコ」など色々とあるようです。

最後に「本命」「義理」以外のそれぞれの種類について、少し簡単にまとめておきました。

「逆チョコ」とは

その名の通り男性→女性に贈るチョコレートです。

海外では、バレンタインデーに女性に贈り物をしたりする文化の方が主流だったりするので、これを機に告白する男性もいるのだとか。

「友チョコ」とは

友達に贈る、もしくは交換するチョコレートのことです。

別に贈らなくても、友達ではないということはありませんが、友達に贈り物をする良い機会かもしれません。

「ファミチョコ」とは

家族に贈るチョコレートのことです。

「世話チョコ」とは

お世話になった人に贈るチョコレート。

お礼の意味合いが強いです。

本命とは違いますが、感謝の感情が強いバレンタインチョコレートですね。

「自分(マイ)チョコ」とは

これは、義理とも本命ともまた違った新しい位置付け。

早い話が、「自分へのご褒美」です。

普段頑張っている自分に、バレンタインだから贅沢をするという選択肢ですね。

別にあげるだけが、バレンタインとは限りません。

以上が、バレンタインデーの由来とチョコを贈る理由・チョコの種類の簡単まとめとなります。



タイトルとURLをコピーしました