バレンタインチョコ選び方|チョコを選ぶ際に知っておきたい7のこと

選び方

バレンタインチョコの選び方を知りたい方へ

毎年やってくるバレンタイン。

毎度おなじみのイベントですが、本命・義理・友に限らず、バレンタインチョコを初めて渡す。

という方もいるのではないでしょうか?

今回はそんなバレンタインチョコを初めて選んで渡そうと思っているあなたに、「チョコを選ぶ際に知っておきたい7のこと」をまとめてみました。

スポンサーリンク

バレンタインチョコ選び方|チョコを選ぶ際に知っておきたい7のこと

1.そもそも甘いモノ好き?

このポイントは非常に重要です。

男性は結構甘いモノが苦手な人もいます。

「バレンタイン=チョコ」のイメージですが、そもそも甘い物が苦手な人は、貰っても困る場合があります。

その場合、甘さ控えめチョコを選んだり、チョコはちょっとしたモノにして+何か小物の雑貨を贈ってみるのもいいかもしれなです。

【Leather Goods Shop Hallelujah】でレザーアイテムを見てみる⇐

2.ナッツ系は大丈夫?

チョコ・甘い物は大丈夫でも、チョコに入っている「ナッツ」などがダメという人も、中にはいます。

相手の好みなので仕方ないですが、事前に好き嫌いがわかっているなら、入っていないチョコを選んであげるといいでしょう。

「ナッツ」がダメかわからない場合も、普通のチョコを選んであげると良いです。

無難なのは色々な種類があるアソート系が良いです。

逆にナッツが好きな場合は、「ピーカンナッツ」 もオススメです。

3.アレルギー食品は?

食品におけるアレルギーの表示義務があるのは7品目です。

中でもチョコに入っていそうなモノが「卵」「乳」「小麦」「落花生」「そば」です。

食べ物アレルギーがある可能性もるので、心配な場合は、それとなく相手に確認しておきましょう。

4.アルコールは?

アルコールが好きな場合、嫌いな場合があります。

有名な所では「ウイスキーボンボン」などお酒の入ったチョコレートです。

お酒好きの人にはオススメです。

未成年は大丈夫なの?と思いますが、基本的にアルコール分が1度以上の飲料が酒類と定められています。

そのため、「ウイスキーボンボン」などのお酒が入ったチョコレートは、酒類にはならずお菓子なので大丈夫です。

とは言え、アルコールが入っているので、未成年の場合は気をつけましょう。

5.フレバ―系は?

フレバ―チョコとは、コーヒーやキャラメル、柑橘系、シナモン、ミントなどの香りのするチョコレートです。

相手の好きな香りなどを知っているなら、お洒落なのでいいかもしれません。

6.保存期間は?

市販のチョコなら短いもので1~2カ月位。

長いモノなら、冷蔵で2年以上保存できたりします。

手作りの場合はモノにもよりますが、3日~2週間ぐらいです。

相手の消費スピード、量を考えてチョコを選ぶといいかもしれません。

7.相場は?

チョコを買うのにもお金はかかります。

あらかじめ相場を知って決めた予算でチョコを選ぶのも良いです。

本命

10代が1000円~2000円

20代が2000~3000円

30代~が2000円以上〜

●義理

一般的には500円前後。

200円~500円

といった具合です。

あくまで世間的にという話なので、自分の財政状況に合わせて買うのが一番いいです。

高ければ高いほどいいというわけでもありませんので。

以上が、バレンタインチョコを選ぶ際に知っておきたい7のことです。

必ずしも全項目を気にする必要はありませんが、チョコを選ぶ際何を基準に選んだらいいのかわからない人は参考にしてみて下さい。

また、具体的なバレンタインギフト候補が知りたい方は、別記事でも解説していますので良ければお読み下さいませ。

では、あなたにとって良いバレンタインであることを祈ります。

タイトルとURLをコピーしました