【縁起物】|お祝い品にも使える龍絵のお守り「一筆龍」について

縁起物

「一筆龍」について知りたい方へ

皆さんは、「一筆龍」をご存じでしょうか?

一筆龍(いっぴつりゅう)とは、胴体部分を一筆で書かれた龍のことを言います。

一筆で書かれていることから、

【途切れない】

とされ、江戸時代より【縁起物】して親しまれています。

本記事では、「一筆龍」に関することを以下についてまとめてあります。

1.「一筆龍」とは?

2.意味は?

3.絵師は?

4.どこで買えるの?

是非読んでみて下さい。

スポンサーリンク

【縁起物】|お祝い品にも使える龍絵のお守り「一筆龍」についてまとめ

1.「一筆龍」とは?

「一筆龍(いっぴつりゅう)」とは、名前からもわかるように、一筆(ひとふで)で描かれた「龍」のことです。

「一筆」と言っても、全てが一筆ではなく、厳密には胴体部分を一筆で描いたものになります。

2.「一筆龍」の意味は?

一筆で描いていることにより「途切れない」という意味を表し、

●「幸せが途切れない

●「良きご縁が途切れない

●「客足が切れない

●「お金が途切れない

とされ、【縁起物】として昔から重宝されています。

また、龍が向いている方向にも意味があり、

●上向きの龍は「大願成就祈願」

●下向きの龍は「安全守護祈願」

と言われています。

3.絵師は?

日本にも何人か絵師の方はいらっしゃいますが、世界的に有名な日本人絵師の方に、『手島啓輔』さんという方がいらっしゃいます。

2014年に「一筆絵師」として活動を始め、独学で練習をし、「日本伝統を世界へ」を信念にし、海外でも精力的にパフォーマンスを行っている方になります。

YouTubeに動画もあります。

4.「一筆龍」どこで買えるのか?

『手島啓輔』さんの作品の場合、オフィシャルサイトより注文が可能です。

フルオーダー(送料別)で1点もので、1万8千円~数万円です。

一筆龍絵師 『手島啓輔』 さん公式ホームページ ⇒https://www.onestrokedragon.com/

また、「手島啓輔」さん原画一点ものではありませんが、購入も可能です。

複製画に専門技術(高精細印刷、特殊加工等)を施し仕立てた「一筆龍」を、融通さん で知られる、高野山真言宗 如意山 藤次寺にて、正式に御祈祷いただいたお守りとして販売しています。

大きいモノは、「額縁」「掛け軸」タイプ。

手ごろな価格帯の「お札」「お守り」タイプといったモノもあります。

カラー、種類などがあるので、実際見たらピンとくるものがあるかもしれません。

新・おまもり 融通“ゆうずう”さんシリーズ 【お守り一筆龍~Power&Fortune Dragon~】

最後に

以上が「一筆龍」まとめです。

龍は日本列島の形とも言われ、神社には必ず龍の姿があるように、古くから縁起物とされてきました。

古くから親しまれてきた「一筆龍」。

縁起物として飾ってみるのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました