【胡蝶蘭】を初めて贈る場合|胡蝶蘭の特徴、相場、送り方の注意点とは?

ギフト

 

こんにちは。

開店祝いや、引っ越し祝い、栄転で「胡蝶蘭」をギフトで贈ろうと思っている、あなた!

「この状況に胡蝶蘭はふさわしいのか?」

とか、

「贈りたいけど相場がを知りたい!」

とか、

「どの種類の胡蝶蘭を贈ればいいのだろう?」

と考えている方は是非参考にしてみて下さい。

 

 

スポンサーリンク

なぜ「胡蝶蘭」贈り物として人気があるのか?

1.胡蝶蘭の「花言葉」

胡蝶蘭の全般の花言葉は「幸福が飛んでくる」です。

このように、幸福が飛んでくる=その後の更なる発展を意味する。

というう意味でも、縁起がいいのです。

このような理由から胡蝶蘭は贈り物として人気が高いと言えます。

 

 

2.胡蝶蘭の花の特徴

【見た目】

名前の由来も「胡蝶」は蝶をモチーフにした舞楽を指します。

白く大きな花が、蝶が舞うように見えることにも由来し、優雅で美しい見た目からも贈り物として人気が高い要因です。

 

【長持ちする】

胡蝶蘭の場合、環境にもよりますが普通は1~2カ月は花を楽しめます。

水やりもそんなに頻繁にする必要はなく土、もしくは苔が乾いたら水あげを

する位で大丈夫です。

 

【花粉・香りが少ない】

花粉・香りはほとんどありません。

飲食店などにおいても食事の邪魔にならないのも

 

 

3.胡蝶蘭は年中生産されている

胡蝶蘭は日本各地で生産されています。

通販サイトもあるため、入手もしやすいです。

特にこちらの、全国の有名胡蝶蘭が全てある 胡蝶蘭専門店ギフトフラワー
は種類も多く、農林水産省金賞やブルーリボン賞、天皇杯という二本の胡蝶蘭農園で唯一最高の賞をとっている農園からの仕入れもあるお店になります。


 

胡蝶蘭はどのような場面のギフトとして贈るのか

胡蝶蘭をギフトとして贈る場面は、新たな門出のシーンで使われることが多いです。

例として挙げるなら、

  • 栄転・就任のお祝い
  • 開店祝い
  • 引っ越し祝い

が多いと思います。

では具体的に見ていきましょう。

胡蝶蘭を贈る、栄転・就任のお祝いの場合

サラリーマンの場合はこれが多いと思います。

重役なのどに胡蝶蘭を贈る場合は、本数・輪数の多いものを選ぶ場合が多いです。

栄転・就任のお祝いには白い大輪胡蝶蘭が定番です。

こちらも輪数・グレードの高い胡蝶蘭を選ぶのが良いでしょう。

〈相場〉※目安

個人から送る場合     1万円~2万円

グループで贈る場合    2万円~3万円

上司           2万5千円位

同僚・部下        2万円

取引先の場合       2~5万円

 

ビジネスの場合は、2万円以上が多いみたいです。

2万円位 胡蝶蘭3本立ち 33輪 大輪 白

 

胡蝶蘭を贈る、開店のお祝いの場合

先程も述べた通り、胡蝶蘭は花粉も香りも少ないので、飲食店の開店祝いで贈るのも良いでしょう。

〈相場〉※目安

一般的な取引先      1~3万円

付き合いの深い取引先   3~5万円

 

(3万円相当)

青い胡蝶蘭大輪3本立ち 「ブルーエレガンス」胡蝶蘭展で話題の胡蝶蘭

 

胡蝶蘭を贈る、引っ越しのお祝いの場合

引っ越しの場合は送るタイミングが気になるところです。

タイミングは移転日直前に到着手配がオススメです。

日にちも、気にすると良いでしょう。

大安友引など縁起が良いを選びましょう。

また、「鉢植え」のモノを贈ると良いです。

理由は、「根付く」という意味合いがあるためです。

〈相場〉※目安

身内の場合    1万円~2万円

友人の場合    5千円~1万円

取引先の場合   5千円~3万円

 

(1万5千円相当)

胡蝶蘭大輪3本立ち27輪白

 

最後に

以上が簡単ではありますが、「胡蝶蘭を初めて贈る場合について」になります。

気軽な贈り物ならいいですがビジネスシーンでは、気を遣うものです。

胡蝶蘭を贈る際の参考になってくれたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました